[Review] Khaokho Talaypu ~アンチャンのシャンプー・コンディショナー~

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

先日少し時間ができたので、久しぶりにジムに行ってみました。普段はランニングマシーンと筋トレのちょっとした設備を使うだけですが、ちょっと試しに自転車を試してみたんです。何あれ・・・相当きついですね。普段からよく歩いているし、走るのも結構好きなので問題ないかと思ってましたが、すぐに太ももがパンパン。カロリーは走っているときより全然減らないのに、負荷が半端ない。45分間がとても長く感じましたが、なんだか汗もたくさんかいたので健康になったような気もしました。これからも少しずつ時間を見つけてジムに行けるといいなぁと思っています(いつもこういうことを言ってますが・・・汗)。

さて、本日は以前コブミカンシャンプーとコンディショナーをご紹介したKhaokho Talaypu(カオコ―・タレープー)というところのアンチャン・シャンプーとアンチャン・コンディショナーをご紹介します。アンチャンとは英語ではButterfly Peaと呼ばれています。以前、Blue Whale Cafeでご紹介した青いドリンクもアンチャンを使ったもの。お通じに良いなどのメリットがありました。本日は、そのアンチャンのシャンプーとコンディショナーにフォーカスします。

※スポンサードリンク

購入場所

以前のコブミカンシャンプーとコンディショナーは、コンビニで購入しましたが、なぜかコンビニではチャンチャンコンディショナーしか見当たらなかったので実は結構探していたんです。そしたら、トップススーパーマーケット(シロームコンプレックス又はスクンビット41のところで売っているのを確認しました。)にて発見したので、即購入。

※スポンサードリンク

アンチャンシャンプー (Butterfly Pea Herbal Hair Shampoo)


アンチャンシャンプー(Butterfly Pea Herbal Hair Shampoo)70バーツ
シャンプーの色が青!!!新鮮です。表面には、Healthy Black Shineと記載があります。アンチャンシャンプーには、一般的に黒髪に艶を与えると言われており、また白髪予防にもよいと言われております。そして続いて、「No Paraben, NO Silicone, No SLS/SLES, No Fragrance, No Artificial Color」と記載があります。そのまま訳していくとパラオキシ安息香酸エステルという防腐剤が入っていない、ノンシリコン、ラウリル硫酸とラウレス硫酸が入ってない、香料を使っていない、着色料を使っていないシャンプーということになります。これは、以前ご紹介したコブミカンシャンプーと同じですね。

以前もご紹介した通り、頭皮環境に悪影響を及ぼすことが多いシリコンが入っていないこと、抜け毛の要因になりやすいラウリル硫酸や炎症を起こしやすくするラウレス硫酸が入っていないので頭皮や髪に優しいシャンプーと言えます。ちなみにシャンプーは青いですが、泡立てると白くなり髪は青くならないのでご心配なく(笑)。


こちらが裏面の記載です。英語記載あり。

※スポンサードリンク

アンチャンコンディショナー (Butterfly Pea Herbal Hair Conditioner)


アンチャンコンディショナー (Butterfly Pea Herbal Hair Conditioner)70バーツ
こちらはミルキーブルーな色をしています!これも衝撃的ですね、色的に。こちらも黒髪に艶を与えると書かれており、続けて「No Paraben, No Silicone, No Fragrance, No Artificial Color」とあります。同じく訳してみると、パラオキシ安息香酸エステルという防腐剤が入っていない、ノンシリコン、香料を使っていない、着色料を使っていないコンディショナーです。
※ラウリル硫酸とラウレス硫酸はシャンプーにのみ入っているようなので、記載はありません。


こちらが裏面です。こちらも英語記載あり。

感想

基本的に、いつも夜はコブミカンで朝はアンチャンという風に使い分けておりますが、アンチャンシャンプーの方が独特な香りがするように思います。コブミカンは柑橘系なので、さっぱり。こちらのアンチャンは説明が難しいですが、ハーブの香りと言ったらいいのでしょうか。人によっては苦手な方もいらっしゃるかもしれません。髪の毛はさっぱりして良い感じ。そしてコンディショナーは一緒に使うことをお勧めします。既に生えてしまった白髪には効果がないかもしれませんが、新しい白髪を防ぐためにもコツコツ使ってみるのがよいかもしれませんね。

みなさんも是非機会があれば手を伸ばしてみてくださいね。

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

2012年からバンコクに移住。バンコクで現地採用として働いています。日本とタイを往復しながら、日々見つけたことを配信していきます。