[Chong Nonsi] Jim Jaew House ~シーロムビレッジの中のタイ料理~

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

土曜日にジムの見学で自転車コースに行くのですが、先にずっと通っている先輩曰く激しそうなので少しずついきなり大変なことにならないようにコンドミニアムのフィットネスに行った火曜日。軽く7キロくらい走ろうかなと思って準備をしていると、ランニンググッズがない・・・・以前は知ったのがしばらく前だったので、どこにしまったのか分からなくなりアタフタ。やっと見つけてジムに行ったのが21時半前。走り出して3.6キロくらいたって、やっと気持ち良くなってきたと思ったら守衛さんが「フィットネスは22時に閉まりますー」と・・・チーン。不完全燃焼のままトボトボと部屋へ帰宅。来月の母の日にはミニマラソンに出ることにもなったし、少しずつ計画的に体力つけていきたいと思います。

さて、本日ご紹介するのはBTSチョンノンシー駅から歩いて10分強のところにあるシーロムビレッジ内のお店「Jim Jaew House (ジムジェーオハウス)」です。こちらのお店ではイサーン料理を中心としたタイ料理を楽しむことができます。静かな店内でゆっくりとご飯を食べれるのでおすすめです。


こちらがお店の外観。英語のマップだとChim Chum Houseって書いてあったんですが、よく見たらJim Jaew Houseでした。ちなみにチムチュムは置いてありませんでした(汗)


こちらが店内の様子。オープンエアーなので、クーラーはないですが扇風機を回してくれたのでそこまで暑く感じませんでhした。


まずはソムタムタイ 55バーツ
ちょっとスパイシー。でも美味しくいただきました。


ラープムー 90バーツ
これとっても辛かったので、辛いのが苦手な方は辛さ控えめでお願いしたほうが良いかと思います。


カオニャオ 15バーツ
辛さの救世主はやっぱりモチ米。ほんの少しですが辛さが和らぎます。


パラークン 95バーツ
ケチャップが入っているのか真っ赤。こんな赤いパラークンは初めて食べました。個人的には普通の方がハーブの味がしっかりしてて好きかな。


ヤムノーマイ 60バーツ
筍のサラダですが、辛くなくて丁度よい歯ごたえで美味しかったです。久しぶりに食べたかも。

さて、いかがでしたでしょうか。シーロムビレッジの中にありますが、意外に良心的な金額設定で味も本場タイ料理といった感じでした。ちょっと辛いヤムばっかりになってしまいヒィヒィしながら食べましたが、これもタイ料理の醍醐味でしょう。みなさんも機会があれば是非足を運んでみてくださいね。

- スポンサードリンク -


店舗情報

  • 店名:Jim Jaew House (ジムジェーオハウス/จิ้มแจ่ว เฮ้าส์)
  • 住所:286 ซอย ปราโมทย์ Si Lom, Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
  • 電話:02 234 4448
  • 営業時間:11:30 – 22:00
  • 地図:

スポンサードリンク





ABOUTこの記事をかいた人

2012年からバンコクに移住。バンコクで現地採用として働いています。日本とタイを往復しながら、日々見つけたことを配信していきます。