[Vientiane][Udonthani] ビエンチャンからウドンタニまでバス移動!

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

タイにいるとよく聞くのが時間にルーズになる人が多いという話。確かにタイは日本と違って渋滞も多いし、遅刻してくるタイ人って結構多かったりします。そして、タイに住んでいる日本人も然り。でも不思議なことは、皆さんほとんど仕事には遅れないんですよね。人を見ていても分かりますが、遅刻してくる人は大体大事な用事や自分が参加したいイベントなどには時間通りに来る人が多い。ということは、状況によっては遅れても良いかっていう気のゆるみから遅刻するっていうっていうことなんでしょうか。友達同士の待ち合わせでもできるなら相手を尊重して時間は守りたいものですよね。

さて、本日ご紹介するのは、ビエンチャンからウドンタニまでのバス移動の仕方です!ビエンチャンはタイの国境近くにある都市なので、バスで国境を越えてタイに入ることが結構簡単にできるんです。今回はビエンチャンに旅行に行ったついでにウドンタニまでバスで行ってきましたのでご紹介。

※スポンサードリンク

バス停

ビエンチャンのバス停は「Vientiane Capital Bus Station」を利用します。
場所は以下の地図を参照。

※スポンサードリンク

チケット購入~出発


チケット販売所は、朝市がある方の十字路のところにあります。写真がその外観。


こちらがビエンチャン・ウドンタニの運行時刻表。だいたい1~2時間に1本くらいでてるようです。30~40分前くらいにバス停に来てチケットを買いましょう。


チケット代は22,000キープ(ただしタイの祝日は24,000キープなので注意)


他にもコンケーン行きのバスもでています。


こちらはノンカーイ行きのバス。全部チケットの買い方は一緒です。


こちらがチケット。出発時間と座席番号をしっかり見ておきましょう。


こちらがバスの発着場です。適当に腰を掛けてボケっと待ちます。


周りにはバケットを売っている屋台が多いので、腹ごしらえに買っていくのも良いかもしれません。


待っているとバスがやってきます。


ラオス人の人が教えてくれて迷わず乗れました。しっかり行き先も確認!


こちらがバスの中。座席番号通りにちゃんと座りましょう。いざ出発!

※スポンサードリンク

国境到着~ラオス出国~タイ入国


国境に到着するとバスを降ろされます。


ここで注意するのが、出国手続きをする前に出国審査の結構手前にあるこちらのブースに立ち寄ってONE WAY TICKETを入手しないといけません。


到着の時間帯によっては料金発生するので注意。
外国人は、月曜~金曜は8時~16時は無料。土日祝日及び平日の6時~8時、16時~22時はパスポートとボーダーパスにそれぞれ45バーツまたは11,000キープがかかります。


今回は平日の昼間だったので無料でカードゲット!


その後は、こちらのパスポートコントロールにて出国審査。


出国審査の後は、先補とのONE WAY TICKETを使ってこちらのゲートを通ります。カードがないと出れないので要注意です。


その後ぐんぐん歩いて行った先に乗って来たバスが待機しているので、バスに乗ってタイの入国ポイントまで移動。


この入口の手前で入国カードを貰えるので、記入をしてパスポートコントロールに行き入国手続き。その後はまたバスにのってウドンタニのバス停までノンストップです。

最後に

さて、いかがでしたでしょうか。なんてことなく簡単に出入国ができるのですが、ゲートを通るためのカードチケットを入手しないといけなかったり、出国審査のあとどこにバスが待っているか分からなかったりと少しアタフタしてしまいましたが、無事移動完了!手ごろに安くそして短時間で移動ができるので、ビエンチャンからウドンタニはバスが良いですね。みなさんも機会があれば是非試してみてくださいね。

スポンサードリンク