[Hua Lamphong] フアランポーン駅から国鉄寝台列車に乗るの巻!

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

先日出張の帰りにパスポートコントロールがとてつもなく混んでいて唖然。どうしようかなぁと一人で突っ立っていると一人の係員がこちらに向かって歩いてくるではありませんか。どうしたのかなぁなんて思ってたら、自分だけなぜか連行。何か悪いことしたのかと思ってドキドキしてたら、なんとそのまま優先レーンを通してくれたのでした。てか・・・なんで自分だけ・・・・ワーパミも一緒に手で持っていたからそれでかな?なんなのかな?誰かと間違えているのかな?とすごくモヤモヤしたのですが、早く帰りたかったのでラッキーということで、何も質問せずに帰路につきました。てんきゅー、空港係員様!!!

さて、本日ご紹介するのは先日行ったスリンの象祭りに行く国鉄です!MRTフアランポーン駅の目の前に、国鉄のバンコク駅があります(みなさん、別名でフアランポーン駅と呼んでいるようですが、どうやらタイ語をみるとバンコク駅のようです。)。


今回はTM先生が事前にオンラインでチケットを手配して印刷してきてくださいました。感謝!

こちらのThai RailwayのWebサイトで購入できるようです。
上段ベッド799バーツ、下段ベッド899バーツ
寝台列車の上段下段で金額が異なるのも面白いですよね。


こちらがバンコク駅(ことフアランポーン駅)。ライトアップが超きれい。


なぜか正面の出入り口はしまっていて、横の出入り口から入ります。


たぶん当日チケットはここで買えるはず。


記念撮影ポイント


今回はスリン駅に向かうので、私の大好きな県のウボンラーチャターニ行きに乗り込みます。


列車長い。まぁ、そりゃそうですね。


まだできたばかりの中国製列車。電子ディスプレイもあってすごい!!


ドアも自動でハイテク!!!


うっほほーい、寝台列車だぜ!!!


テレビまでついてる。


乗ってすぐは下段はまだ普通の座席になってます。上段にマットなどがまとめて置かれてますね。


まずはお水が配られます。うれしいサービス!


とりあえず、席に着いたらなにやら注文を取りに来たので、お腹いっぱいだけど注文。
BBQチキン 150バーツ
まぁ、なんというか普通。美味しいけど、普通。ビール飲みたくなるけど、電車内はお酒禁止です。


セットC 210バーツ
カレーと、炒め物、ライスにフルーツと盛りだくさん。BBQチキンとの金額を考えると、セットを頼んだ方が満足度高いかもですね。


そうこうしているとベッドメイキングが始まりました。この係のお姉さん、子供も一緒に乗車していたのでびっくり。仕事が早いし、降りるときもちゃんと声かけてくれるし素敵な方でした。


自分は上段だったので、上に登ってみると枕にブランケット。清潔感半端ない!!!


コンセントさすところもあるし、読書ライトもあるし快適!荷物置いちゃうと足が伸ばせなかったけど、まぁそれは置き方次第ですな。


ちなみにトイレも新しくて清潔感あり。掃除もすごい頻繁にしてました。


そうこうしているうちに定時にスリン駅に到着!


スリン駅にも撮影スポットあり。


大きくはない駅だけど、明け方4時ごろの到着にもかかわらずたくさんトゥクトゥクもいて安心。お祭りシーズンだからかなぁ。とりあえずこの日はそそくさとホテルへ!翌朝の象祭りに備えたのでした。

さて、いかがでしたでしょうか。昔乗った国鉄電車はすごい乗り心地があまりよくなかった記憶なのですが、この最新の列車はすごい快適。横になっていけるなら、全然チェンマイとかラオスとかまで行ってしまえそうです。みなさんも機会があれば是非足を運んで試してみてくださいね。

スポンサードリンク





ABOUTこの記事をかいた人

2012年からバンコクに移住。バンコクで現地採用として働いています。日本とタイを往復しながら、日々見つけたことを配信していきます。