[Vientiane] ラオ・キッチン ~中心部で美味しいラオス料理を楽しめるお店~

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

昨日はタイは祝日だったのですが、月曜日に有休を入れてラオスのビエンチャンとタイのウドンタニ県に行ってきました。今回は、直前まで日本出張が入っていてバタバタしていたため、何も事前にきちんと予定が組めておらずレストランなどの下調べも不十分。日本から深夜に帰ってきて、その翌朝またスワンナプーム空港にいるというちょっとハードスケジュール。でもこうでもしないとプライベートの旅行ができないのが今の仕事なので、気持ちよく休みを取らせてくれた会社に感謝しつつ3泊4日の旅行に行ってきたのでした。ラオスではバンコク在住のお友達や昨年までバンコクに住んでいたお友達とあえたのでとても充実した楽しい時間を過ごせました。いつもバンコクであっていた人たちに海外で会うってなんか不思議ですよね。ということで、本日よりしばらくビエンチャン・ウドンタニのご紹介になります。

さて、本日ご紹介するのはラオスの首都であるビエンチャンにあるラオ・キッチン(Lao Kitchen)です。こちらのお店はラオスの中心地にあり、手軽にラオス料理を楽しむことができるお店です。外国人に有名なお店のようで、入店時は多くの外国人のお客さんで賑わっていました。


こちらがお店の外観です。泊まっていたホテルからとても近かったので歩いていきましたが、ラオスは日差しが強くてちょっと歩いただけでヘトヘト。


こちらが店内の様子。といいつつ反対側はお客さんでいっぱいだったので、お客さんがいないところを撮ったので狭く見えますが席は結構たくさんあります。


こちらがテーブルセット。


ラオスビール(大瓶) 17,000キップ
いやぁ、ラオスはビアラオ(ラオスビール)がとっても美味しいんです。ローカルのお店だと大瓶1本で10,000キップだったりするので、こちらの店は少し割高。この時期で10,000キップはだいたい131円くらい。


カオピヤックセン(豚) 15,000キップ
お肉がたくさん入ってます。つみれみたいなのがとっても美味しかったです。


麺はこんな感じで、もちもちしています。バンコクでいつも食べているクイジャップユアンより少しモチモチ度は低いですがとても食べやすくて美味しかったです。


ラープ(豚) 44,000キップ
タイで食べるものよりフレッシュなハーブがたくさん入っててこちらも美味しかったです。が、ラオスは牛肉が美味しいのではないかと後々感じたので、今度は牛肉で試してみたいなぁ。豚も美味しかったですけどね。


ルアンパバーンスタイル・ポークソーセージ 45,000キップ
タイのサイウアのようなソーセージでした。ビールのおつまみにはもってこい。

さて、いかがでしたでしょうか。最初に入ったお店でしたが、どれも美味しくてとても満足でした。中心地にあるというのもアクセスしやすくて良いですよね。みなさんも機会があれば是非足を運んでみてくださいね。

※スポンサードリンク

店舗情報

  • 店名:ラオ・キッチン(Lao Kitchen)
  • 住所:140/01, Unit 15, Rue Hengboun, Baan Anou, Vientiane, Laos
  • 電話:+856 21 254 332
  • 営業時間:11:00 – 22:00
  • 地図:

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

2012年からバンコクに移住。バンコクで現地採用として働いています。日本とタイを往復しながら、日々見つけたことを配信していきます。