[Yaowarat] ワット・マンコン・カマラワート~中華街の願い事が叶う寺~

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

週末に部屋の掃除をしないとと思って動き出したものの、本や漫画を開いては手が止まり、冷蔵庫の整理が終わったら休憩し、洗濯が終わったら休憩し・・・・といつになっても終わらない。気づいたら片手に缶ビールなんか持ってしまって、もうこれ完全に1日じゃ終わらないコース。断捨離もしっかりして部屋をスッキリさせようと思うも、中々何を捨てていいのかわからず途方に暮れ、そして収納も頑張ってみようと思うも望むように収納しきれず本などが平積み・・・・こういうのって少しずつやっていかないといけないんですよね。年末にきれいにしたのに、もう3か月でこんなんだなんて本当に信じられない。バンコクでは、クリーニングサービスをスタジオタイプなら1回500バーツくらいでやってくれるところもあるようなので頼んでみようかなぁ(結局業者頼み、笑)。いや、もうちょっと自分で頑張ります。

さて、本日ご紹介するのはバンコクの中華街ヤワラート通りの近くにあるお寺のワット・マンコン・カマラワートです。こちらのお寺は願いが叶うと有名で、パワースポットとも呼ばれているそう。それもそのはず、バンコクの中華寺院の中では一番大きく、そして重要なお寺がこちらのワット・マンコン・カマラワートとのことです。龍蓮寺という名前でも呼ばれているらしいです。


こちらが入口です。中華正月の直後に行ったのですが、まだまだ凄いたくさんの方がお参りにきていました。


中に入って良くわからず周りのタイ人の後ろをついていったら、お供えのお花と線香の列にならんでいたらしく、もれなく購入(笑)お花とお線香で20バーツでした。


本堂の方に行く前にみなさんもうお線香をたててます。よく順番がわからないですが、なんとなく真似してみます。


キャンドルも。なんだか去年行ったネパールの寺院を思い出します。


仏教についてはあまり詳しくないんですが、こちらのお寺では3つの仏像が1セットになっているの何か所かで見ました。1体ずつ持っているものが違うんですね。


そしていよいよ本堂(?)へ。


入ってすぐ右手は、タイの夜叉(鬼?)がこれまた外の仏像が持っていた3つのアイテムと同じと思われるものを持っています。


実は私の今回の目的はこちらのパゴダを持った夜叉なのです。先日、占い師のヤダム先生にこの夜叉に過去を断ち切ってくださいとお願いしてきなさいと言われたので、早速やって来たのでした。


無事お祈りと願い事が終わった後は、中を見学。お坊さんがたくさんいます。


おみくじももちろんあります。おみくじのタイ語はとても難しいのでパス。


色々な仏像が祀られています。


多分ちゃんとお参りの仕方があるんだろうけど、よくわからず。タイ人の人たちも迷うのか、なぜかお坊さんではなくセキュリティガードにお参りの仕方を聞いていました。


お供え物もたくさん。


裏口からでてみると龍蓮寺の文字と狛犬(かなぁ)。

さて、いかがでしたでしょうか。とても天気の良い日に行ったので、もう汗だく。人も多くみなさん熱心にお参りされていました。パワースポットで願いが叶う場所ともいわれいるようなので、自分の願いも叶うといいなぁ。みなさんも機会があれば是非足を運んでみてくださいね。

※スポンサードリンク

施設情報

  • 名前:ワット・マンコン・カマラワート(龍蓮寺)วัดมังกรกมลาวาส (วัดเล่งเน่ยยี่)
  • 住所:432 Charoenkrung Rd, Pompab Sattru Pai, Bangkok 10100
  • 電話:02-222-3975
  • 営業時間:6:00 – 18:00
  • Website: http://www.mahamongkol.com/content/content.php?category=20&content_id=173
  • 地図:

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

2012年からバンコクに移住。バンコクで現地採用として働いています。日本とタイを往復しながら、日々見つけたことを配信していきます。