[DD] Nok Air 7502便/プーケット空港からパトンビーチへ行こう!

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

いやぁ、バンコクは乾季で快適快適。自分はやはり20度前後の気温が好きなようです。でも、すっごい暑い日にクーラーをかけて昼寝するのも捨てがたいですよねぇ。でも、汗をかかないで会社に行けるのも良いし、少し夜になると肌寒いこの感じがたまりません。夜もぐっすり寝れるのでこのまま涼しいのが1・2か月続いてくれるといいのですが、今年はどれくらい続くのか。毎年気まぐれなのでこればかりは誰にも分らないという。自分が引っ越してきた1年目はなんだかんだ2か月くらい涼しい気候が続いてとても快適だったなぁ(遠い目)。来年はタイに来て7年目になるのかぁ(遠い目)。

さて、本日ご紹介するのはプーケット行きで乗ったNok Air(ノック・エアー)と、プーケット国際空港に着いてから自分が選んだ移動方法のご紹介。今回はプーケットの近くの島で半年間働くことになったタイ人の友達に会いに行く旅の弾丸ツアー。


LCCのチケット。昔、初めてこのレシートチケット見た時はびっくりしたなぁ。あれは大学生の時・・・もう早10年(汗)


飛行機!って、これ飛行機好きの人に怒られそうな全体が入っていない写真(汗)


あっ、もう1枚・・・・えっと・・・・すみません(汗)


とりあえず機内に乗って着席。と、思ったら、あれ?黄色いカバーかぶっている席がチラホラ。


振り返ってみると自分の席も黄色のカバー。プレミアムって書いてある!!!知らなかった(笑)けど、プレミアム席なのに緊急時のドアの開閉とか手伝わないといけない座席という・・・それってプレミアムなのか。でも、CAさんはタイ語の説明が終わった後に、わざわざ外国人の自分のところに来てくれて英語でも説明してくれました。しっかりしてるなぁ。


機内ではすごいちっちゃいけど、すごい可愛らしいお水をいただきました。


絵が素朴でかわいい。どこかの基金に感謝を込めて子供が書いた絵を採用したみたいなことがタイ語で書いてあったような気がします。すでに記憶があやふや。


1時間もするともう着陸。今まで乗った飛行機の中で1番というくらいにスムーズな着陸でした。降りた後は、預けた荷物を回転台から受け取ります。そういえば、こないだヤーS先輩に教えてもらったんだけど、この回転台のことカルーセルって言うんだって。知らなかったー。勉強になるけど、どうしてもあの有名人が頭をよぎります。覚えやすくていいけどさ(笑)


で、空港の出口に向かう途中の通路に「Tourist Information」っていうカウンターがいくつかあって、「タクシーはどう?」みたいに声をかけてきます。が、これTourist Informationというよりか、普通の旅行会社のカウンターのようです。とりあえず無視して突っ切ります。


ここが出口なんですが、友達が空港まで来てくれていると勝手に思い込んで友達に電話。とぅるるるるる

友人
あれ?パトンビーチ集合って言わなかったっけ?自分でバスに乗ってこっちきてくれる?
なもき
・・・・・

うん、言ってなかったね(笑)ということで、急遽ミニバス(ロットゥー)を手配。上記写真の左側のカウンターで買いました。パトンビーチまでは180バーツ!


チケットを貰います。「出口でて、まっすぐ行けば分かるわ」とお姉さん。

出口でてまっすぐ行ってもわからん・・・・・


この景色の写真を撮っていたら、おじさんがミニバスだろ?といって声をけてきてくれました。ネ申!!!

が、なぜか外で15分待機。

暑い・・・・・・


はい、時間が来たから乗っていいよー!とこのバン。


中は結構綺麗。


クーラーもちゃんと効いてるし快適。

が、この後このミニバスが満員になるまで違うターミナルに行ったりなんだりで出発したのがチケット買ってから1時間弱経ってから。そして、お客さんがみんな外国人なので、途中旅行会社でストップしてみんなの行き先を確認。そしてまた1時間弱走って、各ホテルに卸してくれました。

バンコクからプーケットまでの飛行機1時間。空港からパトンビーチまで2時間・・・・・なんだろう、この不思議なモヤモヤ(笑)

急いでいる方は800バーツくらいかかるけど、タクシーがおすすめです!
では、本日はこれにてさわっでぃくらっぷ!

スポンサードリンク