[Silom][Sala Daeng]酒の店~年に1回の幻のおでん屋台に行ってきた~

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

最近涼しくなってきたのでセーターやジャンパーを着ているタイ人を見かけるようになりました。そんな外の気温23度。まぁ、ちょっと肌寒いくらいかなぁという感じですが、タイ人にとっては極寒とのことなのです。まぁ、それでもオフィスの温度設定は20度とかになっていたりする不思議な矛盾があるんですけどね。これから年末に向けてもう少し気温が下がったら、きっとマフラーや手袋をして外出するタイ人たちが増えてくることでしょう。でも、なんだかんだそういうタイ人って憎めないしかわいいですよね。という自分もサマーニットのセーターとクローゼットから引っ張り出してきたり、ブーツをだしてきたりとしているんですがね(笑)タイの乾季は一番好きな季節なので、思いっきり楽しみたいと思います。

さて、本日は少々番外編でして、ご紹介させていただくのは1年に1回しか営業されない酒の店のおでん屋です!以前、ご紹介させていただいた酒の店2号店串カツ 酒の店の本店前にローイガトンの日に1日だけ出店されるのです!(だけど、今年はローイガトンの翌日の土曜日にお店が開きました。場所は、BTSのサラデーン駅またはMRTのシーロム駅から歩いて5分ほどのタニヤ通です。


このような感じでおでんの出店に、いくつかのテーブル席が用意されています。


おでんも種類がたくさんで準備万端!どれにしようか迷うくらい結構な種類があります。


大きなつくね、大根、ロールキャベツ、トマト、牛筋、玉子焼き
全部美味しかったなぁ。玉子焼きがおでんの味がしっかりしみ込んでいてとっても美味しいんです。ロールキャベツもお気に入り!


少し内容がかぶっていますが、サザエ、牛筋、ちくわ、大根、玉子焼き、ロールキャベツ。
やっぱり大根はおでんの定番です。からしも一緒についてきて美味しかったぁ。


今回の一番のお気に入りはこちらのサザエでした!限定32本。そのうちのほとんどを仲間内で食してしまったんじゃないか疑惑。すみません。ビールもぐいぐい進んで、10杯くらい飲んでしまったのではないか疑惑。とても気持ちよく帰りました。

いかがでしょうか。タイの丁度乾季に入り気温が少し落ちてきた時期にこのように外の屋台でおでんを食べれるって幸せですよね。しかも1年に1回しかオープンしないこちらのおでん屋台。必見です!是非、来年のローイガトンの時期も出展されますように!みなさんも機会があれば是非足を運んでみてくださいね!

※スポンサードリンク

店舗情報

  • 店名:酒の店 おでん屋台
  • 電話:N/A
  • 住所:Thanon Surawong – Thanon Thaniya, Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
  • 営業時間:不定期(ローイガトンの日又は前後)
  • 地図:
  •      

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

2012年からバンコクに移住。バンコクで現地採用として働いています。日本とタイを往復しながら、日々見つけたことを配信していきます。