[Saphan Taksin] ジャルンウィアン・ポーチャナー

スポンサードリンク




さわっでぃ、みんさん。
ナモキです。

いきなりですが最近ハマっていることは、鼻の角栓取り。ある日ふと鼻のてっぺんがブツブツしているなと思ったんです。いちご鼻っていうんでしょうか。なんとなくきれいにしたい欲が高まり角栓を取ったり、保湿したりとちょこちょことお手入れを始めている今日この頃。本当にきれいな鼻に戻るのかは謎ですが、少しずつきれいになっていけばいいなぁと期待している次第。タイに住んでいると、日本にいるときの3倍ほどのスピードで肌がダメージを受けているらしいので手入れしないといけないみたいなんですね。気を付けないとですね。

さて、本日ご紹介するのはBTSサパンタクシン駅から歩いて5分ほどのところにあるペッヤーン(ローストダック)のお店ジャルンウィアン・ポーチャナー(ペッヤーン・ナーイスーン バーンラック)です。週末にふらっとサパンタクシンにご飯を食べに行ったときに、お目当てのお店に入れなかったのでこちらに移動。普段そこまで頻繁にダックを食べないので良い機会だと思って入店。


こちらがお店の入り口。なかなか時代を感じる造りになっています。お店の前を通ると、「入っていきなさーい」とことだったのでその声に導かれるように入店。


店内はこのような感じです。入店した時は白人の若者2人が酒盛りをしていました。


別アングルからパシャリ。


ダック系の料理はこちらで準備している模様。


蒸しものの料理はこちらで温めていました。


テーブルには調味料がずらり。


まずはお水で喉に潤いを。久しぶりに瓶の水をこうやって飲みました。金額は失念してしまいました。すみません。


カオナーペット(Roasted Duck with Rice) 50バーツ
普通サイズを頼むも、結構ボリューミー。味は美味しいけど、ライスがもう少し美味しかったらよかったなぁ。全体的に食べやすかったです。


そして蒸し器で温めてくれたShrimp Dumplings 55バーツ
これビール飲みたくなっちゃいますよね。酒盛りをしている白人さんたちの気持ちが分かったのですが、この日は飲まないと決めていたので我慢!

さて、いかがでしたでしょうか。結構ローカル感が漂いますが、メニューには英語表記もあるので外国人にも注文しやすいかと思います。お店の人も何かと気を使ってくれたので好印象。他にも色々とメニューがあったので、今度行くときはダックのラーメンを注文してみようと思います。みなさんも機会があれば是非立ち寄ってみてくださいね。

店舗情報

  • 店名:ジャルンウィアン・ポーチャナー(เจริญเวียงโภชนา เป็ดย่างนายสูง บางรัก/Charoenwiang Potchana)
  • 住所: 211/1 Charoen Krung Rd, Bang Rak, Bangkok 10500
  • 電話:02 235 0188
  • 営業時間:8:00 – 20:00
  • 地図:

スポンサードリンク