[Sutthisan] Kinza Gyoza ~今話題の屋台餃子屋に行ってきた!~

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

普段雨にあまり降られることがないと思っていた私ですが、とても年単位で久々に待ち合わせに向かう途中に大雨に遭遇。もうね、神様が「2年ほどこういうの遭遇してなかったでしょ?ちょっとおまけに渋滞も引き起こしておくよ!」ってな具合に用意したのではないかと思われる渋滞に巻き込まれ普段なら20分くらいの道のりを1時間強かけて移動するという体験をしました。運転手さんの運転もグラグラグラグラしていて車酔いまでするというアンラッキーぶり。きっと明日からは良いことが起こるはず。

さて、本日からバンコク編に戻りましてご紹介するのは今タイ人にとても人気の屋台餃子屋Kinza Gyozaです。Kinzaってなんやねん!という話ですが、銀座のことなのではないでしょうか・・・。噂世によるとこちらの店主さんは日本に長年住んでいたことがありその経験をもとにこの餃子屋をオープンされたとのこと。オープン当初は連日の人気で行っても猛暑の中何時間も待つと言われてました。

今回は、お友達のみなさんと予定を合わせていざ突撃!とおもいつつ、ヤーSがまさかの約束失念で脱落。ということで、M師匠と二人で行ってまいりました。オープンの10時に行きましたが、並んでいたのは5人ほどですぐに順番がまわってきました。


お店は、MRTのスティサーン駅から徒歩1・2分ほど。ソイウドムスック イェーク1にあります。


KINZA!!お店の前にはこちらの旗がたっています。今はLINE MANでも注文可能とのこと。


こちらがお店の外観。オープンエアー。


まずはお店の入り口で注文をします。写真の上から以下の通り。

餃子(豚)30個 240バーツ
餃子(豚)30個+大根キムチ 260バーツ
餃子(豚)6個 50バーツ
大根キムチ 50バーツ

※注文時に持ち帰りか店内で食べるかを伝えます。店内で食べる場合はもらったレシートをなくさないようにお気を付けください(後ほどレシートに書いてある番号で受け渡しがされます)
※飲み物は売ってないので、店内で食べる場合は持参することをお勧めします。


店先では、次々と餃子を焼いています。


店内では黙々と女性たちが餃子を包んでいるのです。


そしてきれいに並べられた餃子たち。


餃子のタレは2種類。いわゆる日本人の想像する餃子のタレと、こちらのタイ料理の生春巻きなどにかけるようなタレ)


店内はこんな感じで食べるところがあります。


そしてやってきたは餃子(豚)30個!!ピザのボックスのようなものに入っています。てか、ちょっと焦げてない・・・・?


こちらがセットの全体画像。横についているのが大根キムチ。大根の辛さが際立つ一品でした。

餃子はというと、片面がカリッとしていてもう片面が柔らかいタイプの餃子。個人的にはもう少ししっかり焼いたカリカリ餃子が好き。あと、中身の具材が肉まんのような味でした(M師匠コメント)。ということで、日本人の想像する焼き餃子とは少し違います。が、もりもりっと美味しく完食。

そして2人には量が少し多く、夜までお腹がすかないという・・・笑。

みなさんもラチャダー方面に行くことがあれば是非試してみてくださいね。

※スポンサードリンク

店舗情報

  • 店名:KINZA GYOZA
  • 住所:16 Udom Suk Alley, Khwaeng Huai Khwang, Khet Huai Khwang, Krung Thep Maha Nakhon 10310
  • 電話:091 962 0888
  • 営業時間:10:00AM – 7:00PM
  • Facebook:https://www.facebook.com/KINZAGYOZA/
  • 地図:
  • 駅からの行き方(Facebookより)
  •       

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

2012年からバンコクに移住。バンコクで現地採用として働いています。日本とタイを往復しながら、日々見つけたことを配信していきます。