[Trang][Kradan] クラダン島の写真をひたすら貼ってみる

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

週末は飲んだくれもしたけれども、お墓参りにも行ってきたんです。今までちゃんとお墓参りをしっかりしてこなかったので、これを機にきっちり色々と調べようと思い行ってきたのです。時期的にもお墓参りの時期だったので、丁度良いタイミングで日本に出張にこれて良かったと思いました。なかなか海外に住んでいると定期的に何かを日本でするというのは難しいですが、自分は出張が多いのでその点はかなり助けられています。

さて、本日ご紹介するのはトラン県にあるタイ最後の秘境のクラダン島です。今回は島で撮った写真を貼っていき、どのような島なのかをみなさんにお伝えできればと思います。


クラダン島はトラン県に属する小さな島で、そこにはいくつかのリゾートとレストランがあるのみで実際に定住している人はいません。


島全体は1時間もあれば見終わってしまうほどで、ただただきれいな海がそこにあるのみ。


主にリゾートに来ている人たちは、ヨーロッパの人たちがほとんど。アジア人は自分を含めて3組ほどしかいませんでした。


時間によって潮の満ち引きはあるものの、午前~お昼は遠浅の海が広がっているので、歩いてかなり遠くまで海の中を進むことができます。

遠浅でしかも水がかなり透き通っているので、魚も潜ることなく見ることができるんです。


写真じゃうまく伝わらないですが、かなり透明度が高いんです。


ご飯や休憩をすることができるレストランが島に5か所程あるので、ゆっくりビールを飲みながら海を眺めるのもかなり素敵です。


メインのビーチの反対側にサンセットビーチと呼ばれる小さなビーチがあると聞いて行ってみることに。看板が出ているので道なりに進みます。


小道をどんどん進みましょう。


猛暑・・・・暑い。


どんどん険しくなる道を進んで、急な階段を降りていきます。


おっ、何か見えてきましたね。


じゃじゃーん。こちらが反対側のビーチ。が、しかし、波が荒すぎてちょっと危ない。


落ちているヤシの実も画になる素敵なクラダン島。


とりあえずサンセットビーチは波が荒くて、サンセットも良く見えなかったので結局はメインのビーチでひたすらまったりすることになりました。

さて、いかがでしたでしょうか。とってもきれいなこちらのクラダン島。ただただのんびり何もしないでゆっくりする休暇を過ごしたい方にはかなりおすすめの島です。時間の流れもゆったりとしていて、かなりリラックスできますよ。みなさんも是非機会があれば足を運んでみてくださいね。

スポンサードリンク





ABOUTこの記事をかいた人

2012年からバンコクに移住。バンコクで現地採用として働いています。日本とタイを往復しながら、日々見つけたことを配信していきます。