[Surin] ナコンチャイエアーバスに乗ろう ~スリン→バンコクモーチット~

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

なんだかんだ12月も半ばに差し掛かろうとしていますね。前半は年休消化で旅行三昧だったので、ちょっとお金を使い過ぎた感じがあり、しかも年末に向けて大掃除も何もできていない本日。仕事もたくさん溜まってしまい、バタバタしています。きっとこのまま年末になってしまうんだろうなぁと思ってびくびくしています。まぁ、その前にクリスマスやら忘年会やらいろいろとイベントなどが目白押しですね。今年も残り少ないので1日1日を大切に感謝して過ごしたいと思います。あと、美味しいものもたくさん食べたい!

さて、本日ご紹介するのはスリン県からバンコクのモーチットまでのバスでの移動についてです。今回はナコンチャイエアー(Nakhon Chai Air)という有名なバス会社を使ってスリンからバンコクまで戻ってきました。スリンからバンコクまでの約6時間の旅、少しでも参考になれば幸いです。

まず、チケットはナコンチャイエアーのWebサイトにてオンラインで購入します。

今回のスリンからバンコクのモーチットまでは、Goldクラスで353バーツです。オンラインで予約後、予約完了画面を印刷してセブンイレブンのカウンターに持っていくと支払いが可能。支払いをしたらレシートと予約完了画面の印刷したものをなくさないようにしましょう。チケットとなります。


ここで注意すべきは、ナコンチャイエアーのバスは基本的にはナコンチャイエアーの会社のバス停からでるので、スリンのバスターミナルと呼ばれるところとは異なります。

今回はホテルからトゥクトゥク。100バーツ払いました。地元の人は、ナコンチャイエアーといえば乗り場まで連れて行ってくれます。

こちらが乗り場の場所です。

住所:1174 Sritanamith Rd, Tambon Nai Mueang, Amphoe Mueang Surin, Chang Wat Surin 32000
電話:044 515 151


こちらがバス停。


その場でもチケットを購入することができそうですね。


時間まで待合室で待ちます。クーラーが効いている部屋で待てるのはナコンチャイエアーに乗る人の特典かもしれませんね。


バズの座席はこのような感じ。前にウボンラーチャターニに行ったときはもっと豪華でしたが、今回はゴールドクラスという割には普通。


すぐに座席も満席になりました。


みなさんが座席に着くと、水・豆乳・スナックなどが配られます。


そしてお昼が近づくと、ランチボックス!!至れり尽くせりだよー。


あれ?これだけ・・・とおもいつつ、このおかずが結構おいしくてペロッと完食。いやぁ、侮ってました。そしてなんだかんだ6時間ちょっとでバンコクに到着!!!なんとも快適でした。

さて、いかがでしたでしょうか。スリン発のバスは朝早くもしくは午後遅めに出発するのがおすすめ!というのも、バンコクに入る時間帯が夕方などの交通渋滞が起きる時間帯だと6時間どころではなく8時間以上はかかるようです。この日、自分は会社の人の結婚式があったので一人早朝に離脱したのですが、お昼にゆったり出てきた後発組は渋滞にはまってとっても大変だったようです。とはいえ、渋滞がなければ快適なバスの旅、みなさんも機会があれば是非利用してみてくださいね。

スポンサードリンク





ABOUTこの記事をかいた人

2012年からバンコクに移住。バンコクで現地採用として働いています。日本とタイを往復しながら、日々見つけたことを配信していきます。