[Taipei] 阿財虱目魚肚~激混みの深夜の大衆食堂で暴食~

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

先日、地方出張に行った帰りに空港までの無事辿り着いたもののその時点から天候が悪くなり、飛行機が到着しない事態発生。今までの人生の中で初めて自分が乗る予定だったフライトがキャンセルのになったのでした。長い時間まった後のキャンセルだったので、慌てる人が多い中ひとりお土産ものを見ていて気づかない自分。ゲートに戻るとほとんどの人はカウンターに戻り払い戻しや振り替えの手続きをしていた模様。何が起きているかよく把握していない自分はゲートのスタッフさんに声をかけてやっと事態を把握。ぽかーんとしていたら、スタッフの方が新説にその場でフライトのよやく変更をしてくれたのでした。感動しまくりです。にしても、天候のせいでキャンセルになっただけで自分たちのせいではないのにお客さんひとりずつに謝っているスタッフさんは少し気の毒に思えてしまいました。

さて、本日ご紹介するのは台湾台北のMRT西門駅より徒歩10分強のところにある夜中にオープンする大衆食堂の阿財虱目魚肚(Ah Cai Shi Mu Yu Du)。こちらはなんといっても現地の方々で賑わっており、22時オープンにも関わらずだいたい30分~40分は待つという人気食堂なのです。今回は魯肉飯を食べる如く突撃してきたのでありました。


こちらがお店の看板。


お店の前にたくさんの人が並んでいますが、みんなじっと待っています。


こちらが店内の様子。そこまで大きくない店内で、8テーブルほど。


その8テーブルが行ったときは常に満席。賑わっています。もりもり食べる若者たちは大皿でおかわりまでしてました。


お店の人も慌ただしく料理をしています。


注文はこちらに記入。漢字とのにらめっこです。


まずはこちらの炒青葉 40元
すっごい素朴な味。


次にでてきたのがこちらの三杯蛤 250元
貝好きにはたまらない一品。すごい美味しかった。


そしてわがままいって頼んだサーロインステーキ 牛小排 300元
味もしっかりしていて、肉も柔らかくておいしかったぁ。


そしてこちら 蔥蛋 40元
分厚い玉子焼き。素朴だけど、お弁当に入れたいようなほっこりする味でした。


魯肉飯 30元
こちら期待しすぎたのか、結構普通でした。まぁ、美味しかったんだけど、多分期待しすぎた。

さて、いかがでしたでしょうか。こちら深夜なのに活気に溢れた元気なお店でした。お店の人も優しく対応してくれて感動。持ち帰りの人たちも結構多いようで次から次に持ち帰りの注文も入っていました。みなさんも西門付近で夜にお腹がすいたら足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗情報

  • 店名:阿財虱目魚肚(Ah Cai Shi Mu Yu Du)
  • 住所:台北市萬華區內江街53號
  • 電話:
  • 営業時間:22:00 – 5:00 (日曜定休日)
  • 地図:
         

スポンサードリンク