[TG] スワンナプーム空港でのビジネスクラスの恩恵の巻

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

台湾旅行に行ってから何故か疲れがとれない今日この頃。歩きすぎたのか、それとも荷物が重すぎたのか、よくわからないけど加齢のせいでしょうか。謎です。久しぶりにタイ古式マッサージに行ったら身体がなまり過ぎてて痛い痛い。でも終わったら結構スッキリしたのでほっと一安心。体の柔軟って大事ですね。

さて、本日は台湾に行った時に調子に乗ってタイ航空のビジネスクラスを利用したので台湾編の始まりとしてまずはその時のことからみなさんにシェアさせていただきたいと思います。


まずスワンナプーム空港の出発階にタクシーで横づけすると、1番手前にあるのがタイ航空のロイヤルファーストとロイヤルシルクの入り口。流石タイです。


こちらのサインに従って、進みます。


入口は1番。


中に入ると、ここがすっごくわかりづらいんですが、左手奥にすすみます。こちら間違えてBカウンターに行ってしまうと、ゴールドメンバーのチェックインカウンターに行ってしまいますので、ご注意ください。


こちらのサインが見えたら右手にすすみます。


するとそこにはファーストクラス、ビジネスクラスのチェックインカウンターがあります。


椅子あるからね。なんだかホテルのチェックインみたい(椅子がないホテルもありますけどね)。


チェックインと発券が終わったら、更に奥に進みます。奥には、ファーストクラス・ビジネスクラス(あとたぶんプレミアムメンバー)用の荷物チェック・出国カウンターがあります。写真撮影禁止なので写真は割愛です。


出国審査が終わったら、すぐ目の前のエスカレーターにのればラウンジに直結。すごい楽ちん。


こちらのラウンジは受付がどこか豪華な雰囲気。


細長い造りになっていますが、十分な椅子の数があるので自分だけのスペースを確保できます。


まぁ、ちょっと昭和感(平成になってできた空港ですけどね、笑)


日本の新聞も置いてあるのが嬉しいですね。


そしてこちらのラウンジには子供が遊べるスペースがあるので、お子様連れには嬉しいサービス。


ジュース。トマトジュースとリンゴジュースが美味しいです。


コーヒも入れられます(自分で)。


サラダにフルーツ。


サンドイッチ。


パイたち。


シリアルもあります。


時間がくればお粥も作ってくれます。味は、普通でした。


搭乗時間までゆっくり。早朝なのに調子乗ってビールを飲んでしまいました。

あとは、もちろん搭乗の際は、優先的に機内に乗り込むことができますし、荷物もゴールドメンバーのPriorityカードに加えてロイヤルシルクのカードもを付けてもらえるので荷物の待ち時間があまりないのも嬉しいサービスです。いつもビジネスクラスに乗れたらいいなぁなんて思いますが、たまにの贅沢だからいいんですよね、きっと。いつの日かファーストクラスも乗ってみたい!いつの日か!

夢は膨らみ続けます。では、本日はこれにて、さわっでぃ!

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

2012年からバンコクに移住。バンコクで現地採用として働いています。日本とタイを往復しながら、日々見つけたことを配信していきます。