[Pattaya] Lake House ~南パタヤのお洒落で手ごろなローカルレストラン~

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

4か月ほど前に漬けたフルーツウォッカですが、3~4か月目に飲むと美味しいということで飲み会に持参。味見はしていったものの、よく味がわからず不味かったらどうしようだとか、甘過ぎたらどうしようだとか、フルーツが腐ってたらどうしようとかいろいろと不安がありましたが開けてソーダで割って飲んでみたら美味しい!友達もみんな美味しいと飲んでくれて、1リットル強が一晩にて空になったのでした。いやぁ、こういうのってすごいうれしいですよね。また時期が来たら用意してみたいと思います。今度は量をきちんと図って自分のレシピを作れるように頑張りたいと思います。

さて、本日ご紹介するのは先週末に南パタヤに行った際に1日目にみんなでお昼ご飯を食べたローカルレストランのLake Houseです。こちらではタイ料理を楽しんでいただくことができます。


こちらが入口。Lake Houseなので、目の前に湖(?)らしきものが広がっています。


お店の前では豚の丸焼き。なんだかとても衝撃的な画です。超リアル・・・しかも2匹丸焼きにされていました。


店内の様子はこのような感じ。外国人のお客さんがチラホラ。


お店は青がポイントカラー。ゆったりとした空間になっていてとても気持ちが良いです。


まずはビールで乾杯!


ムー・マナオ 100バーツ
激辛。ビールが進みまくります。とても辛いタイ料理って最初は汗が噴き出ますが、そこから止まらなくなりますよね。


ムーデットディアウ 120バーツ
ポークジャーキーといったところでしょうか。こちらは辛くなく、ビールによく合って美味しいです。


こちらガパオ・ムーサップ 90バーツライス 20バーツ
やっぱりガパオはムーサップ(豚のミンチ)が一番好きです。


そしてこちらピッガイトード 100バーツ
このチキンがすごい美味しかったです!追加でお代わりをした我々。大きさも丁度よく食べやすかったです。


そして写真を単品で取り忘れた一番奥のヤムウンセン・タレ― 200バーツ
これ、激辛。タイ人でも辛いという激辛さ。美味しいんだけど、舌がヒリヒリ。またビールがとまりません(笑)

なんだかんだちょこっとご飯を食べるつもりがかなりの量をがっついてしまった自分です。ビールもたくさん飲んでとても気持ち良かったです。南パタヤってあまり行く機会がないのですが、この辺りで食べる場所に困ったら足をのばしてみてくださいね。

※スポンサードリンク

店舗情報

  • 店名:Lake House
  • 住所:Na-Jomuthien, Sattahip, Amphoe Sattahip, Chang Wat Chon Buri 20250
  • 電話:038 237 477
  • 営業時間:9:00 – 21:00(事前にご確認ください)
  • 地図:
         

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

2012年からバンコクに移住。バンコクで現地採用として働いています。日本とタイを往復しながら、日々見つけたことを配信していきます。