[Vientiane] ワット・ホーパケオ ~エメラルド仏が安置されていたお寺~

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

いやぁ、日本も10連休が始まりましたね。バンコクでも日本人の観光客の方を多く見かけるようになりました。みなさん、ガイドブックをもって、一部の人は象さんパンツを履いて町中を歩いているので結構すぐにわかりますね。タイは猛暑真っ盛り。観光にしても、ショッピングにしても、室内以外はかなりの蒸し暑さ。ちょっと歩いただけでも汗だくです。タイに観光に来られる方は、水分補給を忘れないようにしてくださいね。あと、汗拭きシートなんかがあると結構さっぱりするのでお勧めです。

さて、本日ご紹介するのはラオスのビエンチャンにある「ワット・ホーパケオ」です。こちらのお寺は、現在はタイにあるエメラルド仏が以前安置されていたお寺として有名です。ビエンチャンの観光名所の1つなので、一度は訪れてみたい場所でもあります。あまり広くないのでちょっと立ち寄るだけでも十分中を見ることができます。


この日はとっても天気がよかったので、道端の花もきれいに写ります。


こちらがワット・ホーパケオ

確か入場料はひとり10,000キープ。


お寺の本堂の中は撮影が禁止なので、写真を撮ることができませんでしたが、小さいスペースの中に仏像がおかれていて静かできれいな空気が流れていたように感じました。


本堂の周りにもいろいろと飾られているのでそちらの写真をパシャリ!本当に小さなスペースなので一瞬で見終わってしまいます。隣の庭園などはきれいなのですが、なにせ日差しがきつすぎたので今回は断念。

さて、いかがでしたでしょうか。本堂の中が写真禁止ということでかなり写真が少ない記事になってしまいましたが、なんとなくの雰囲気だけでも伝わっていれば嬉しいです。本当にささっと見て回ることができるので、朝市や凱旋門などに行く途中や帰り道にふらっと寄ってみるのも良いかもしれません。是非機会があれば足を運んでみてくださいね。

- スポンサードリンク -


観光地情報

  • 観光地名:ワット・ホーパケオ
  • 住所:不明
  • 電話:不明
  • 地図:
         

スポンサードリンク





ABOUTこの記事をかいた人

2012年からバンコクに移住。バンコクで現地採用として働いています。日本とタイを往復しながら、日々見つけたことを配信していきます。