[Pattaya] Siam Bayshore Resort Pattaya~パタヤでゆっくり泊まりたい人におススメ!~

スポンサードリンク




さわっでぃ、みなさん。
ナモキです。

今日は髪をばっさり切りに行きました。バンコクは常に暑いので少しでも髪が長いと蒸し暑く感じます。あと、髪には念がこもり易いと昔から言われているので最近ちょっと運気アップさせたいという人も髪の毛を切ってみると意外に新しい運を呼び込むことができるかもしれません。

さて、本日はパタヤ編2日目です。パタヤも短時間ながら色々な場所を巡り、宿泊もしたので少しパタヤネタが続きますがお付き合いください。本日ご紹介するのは、今回パタヤで宿泊したホテル「Siam Bayshore Resort Pattaya」です!

こちらはスコソルホテルグループのパタヤにあるホテルで、いろいろと調べている中でゆったりできそうな雰囲気だったのでこちらをチョイスしました。場所としては、ウォーキングストリートの端(大きく山に掲げられているPATTAYAという文字の側)にあります。

今回は主に写真でご紹介していきたいと思います。

- スポンサードリンク -


外観


こちらは入口です。


敷地内が広く、門をくぐってからもなかなかロビーにたどり着きません。

- スポンサードリンク -


ロビー


やっと着いたロビーの外観です。結構普通。


こちらがロビー。


中の造りが結構落ち着いていて高級感ありです。


チェックインをしながら、案内をまっているとウェルカムドリンク(激甘)とココナッツのゼリー(激甘)で歓迎を受けたのです。

- スポンサードリンク -


室内

今回泊まったのはTropical Deluxe Garden Room


ゆったりとしています。


実はシャワールームとつながっている窓があるという。


バスルームには、トイレ・シャワー・バスタブ・洗面台があります。


バスタブ側に先ほどの窓。もちろん締め切りました(笑)

- スポンサードリンク -


アメニティなど


シャンプー、ボディージェル、歯磨きなど


お茶などのセットも置いてありました。

館内


やはり目玉と言ったらこのプールでしょう。大きなスライダーもついていて常に人がわいわいしていました。
入りませんでしたが(笑)



プール横にはバーやミニカフェがあったので、こちらで注文してプールサイドでゆっくりすることも可能。


その隣にはスパ。


クッキングクラスもあるようです。

朝食

今回は朝食付きのプランだったので、朝食のブッフェの写真もご紹介。

朝食の場所は、こちらのSunrise Sunset。
ルームナンバーを伝えるだけで通してもらえます。

適当に言っても入れそうな気もしました。

雰囲気はこんな感じです。朝日が入ってきて気持ちがいいです。


パン。見た目が美味しそうですよね。今回は食べませんでした。


シリアル。


サラダ。少し乾き気味。


味噌汁、ホットミルクなどもあります。奥にはお寿司。


こちらはジュース。花のジュースなど変わった種類のものがいくつかありました。


席もゆったりしていてとても良いです。まぁ、ブッフェ形式の朝食なので周りはガヤガヤしてますが。

感想

パタヤも歓楽街のイメージが強いですが、ゆったりとしたホテルに泊まればゆったりとした時間が流れてリラックスすることができます。今回のこちらのホテルは敷地内だけでもゆったり1日過ごせるようになっており、家族連れにもお勧めできるホテルだと思いました。みなさんも是非機会があったら泊まってみてくださいね。

ホテル情報

  • ホテル名:Siam Bayshore Resort Pattaya
  • 住所:559 Beach Road, Pattaya City, Bang Lamung District, Chon Buri 20150
  • 電話:038 428 678
  • Website: http://www.siambayshorepattaya.com/
  • 地図:

スポンサードリンク





ABOUTこの記事をかいた人

2012年からバンコクに移住。バンコクで現地採用として働いています。日本とタイを往復しながら、日々見つけたことを配信していきます。